レイングローブの選択肢

ミット.jpeg

昨日に引き続きレインギアのお話。

バイク乗りにとって雨でのカッパと同様、グローブもよく考えて購入したいですね。

普段使いの革製は雨に長時間晒されると、一旦脱いだらもう二度とはめたくなくなりませんか?

乾きにくいし、革の色が手に着いたり・・・。

その点ディアスキンは比較的雨には強く、しなやかで乾いたあと縮んだりすることはないですよ。オススメです。

でも出かけた先で降られたらもうこれは諦めるんですが、降ると分かっていて走る場合はやっぱりレイングローブを選択したいものです。


北海道には愛用の革製グローブとレイングローブを用意していきました。

ブーツと違って、革製グローブにレインカバーを・・・というわけにはいかないのがバイクの難しいところです。

これ、冬用グローブの時と同じで、アウターとインナーがブレーキやアクセル操作中にずれるので非常に危ないのです。

アウターとインナーは必ず一体式のタイプでないといけません!


では多くのレイングローブが販売されている中で何を選ぶべきか。

オール防水ナイロンやオールネオプレーンは避けたいところ。ハンドルグリップはゴム製でもクラッチとブレーキレバーは金属製です。手のひら側にレザーもしくはゴム素材のパネルが貼られていないと滑って危ないからです。

あとはウインターグローブ同様、春夏用に比べて厚めになることでグリップを握ったりレバー操作がやりにくくなったりしないか必ずチェックです。

実際に店頭ではめてみて、手のひらをグッパしてみること。そしてお店の棚やバー状の物を見つけて握ってみる。握ったときに指先がきつくないか?やたら余ってないかを見ます。

水産業者ばりのすごい分厚いネオプレーン製のグローブを見つけましたが、分厚すぎてグリップを長時間握るのに疲れるのと、繊細なレバー操作が出来ないのでこれはアウトでした。雨の中の操作性はかなり重要ですからね。

あと一番気をつけたいのは、手首の部分が長いかどうか。

カッパの袖口に大きく被るくらいの物が絶対良いです。風圧で雨は容赦なく隙間から侵入してきます。

北海道に持って行ったこのグローブは優秀でしたがもう廃盤になってます。ガントレットタイプだし、安くて良かったんですが。

今はカッパに比べてゴアテックス製のグローブが随分買いやすい値段になってきましたね。
【メーカー在庫あり】 GK-128 コミネ KOMINE レイン グローブ アニーマ 黒/赤 Mサイズ 4582166564450 HD店 - ヒロチー商事 ハーレー 楽天市場店
【メーカー在庫あり】 GK-128 コミネ KOMINE レイン グローブ アニーマ 黒/赤 Mサイズ 4582166564450 HD店 - ヒロチー商事 ハーレー 楽天市場店








0

この記事へのコメント